こんにちは!

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、個別指導plus1の小山です!
DSC_0069


毎年この時期に発表される
東京都教育委員会による
各都立学校の募集人員ですが→ こちら

①赤羽商業の募集停止で6学級分減
  平成33年度より「家庭・福祉高校(仮称)」に改編により 
  平成31年度で閉校
  
 商業科を志望の生徒で地域的に赤羽商業が
 近い生徒が他の同レベルの商業高校や普通科などに流れる可能性もあり
 倍率変化もあるかもしれません。
 ★雪谷高校の定時制も募集停止です

②募集学級減の高校(江戸川区から近い学校中心に)
 三田  8学級→7学級
 戸山  
9学級→8学級 
 城東  9学級→8学級
 目黒  7学級→6学級
 深沢  6学級→5学級
 足立  
8学級→7学級
 など全11校
 
 このあたりの学校は2つ考えられますが
1つはこれを見て回避して上記の学校の倍率が
 下がったり落ち着いて
 その前後の偏差値の学校に
 志願が殺到する。その学校の倍率が上がる

もう1つは例年通りの志望者が出てきて
 倍率が上がる。去年でいう紅葉川高校がそうです。

このあたりは年明けの校長会の倍率発表
さらには1月の推薦倍率、2月の1回目の応募倍率といった
指標がポイントになります。
 ★江北の定時制も1学級減となります

③募集学級増の高校
 向丘高校   7
学級→8学級 
 青山高校   7
学級→8学級 
 
江戸川高校  8学級→9学級 
★六本木・大江戸・桐ヶ丘 30人増

 このあたりの学校も同じく、募集増で出願殺到もあるかもしれませんし
警戒してあえて受けてこない場合もありますが
様子見で、倍率次第という方もいるかもしれません。


今年は学級減の学校が少ないわりに学級増の学校も極端に少ないので
激戦になる学校も増えると思います。

全体として14学級減なので昨年に比べて530人募集が減っています。ただ

今年度の都内の公立中 中3の生徒数は昨年より900人ほど減ってますので
やはり人気があって学級数が減っている学校は殺到して激戦区
人気がいまいちな学校は学級減ってもあまり変化ないかもしれません。

参考ですが

昨年は
16校減 15校増 で 募集停止なしで 全体として1学級減です

内申や偏差値も大事ですが、自分が目指している学校が
学級数変わってないか等もチェックしておくと
また心構えや気力・やる気も変わってくるかもしれません。

  ■個別指導Plus1

南篠崎教室

<お知らせ>10月入会
2学期新入会生受付中です。
期末試験が来る前に
対策をしていきましょう。
かくがっきお
お問い合わせはお早めに

料金表はこちらのページから
こちらのHPもチェック!!!
受験情報・学校情報のブログもあります

詳しくは下記まで お問い合わせください。
無料受験・進路・勉強相談 受付中!
電話でも受け付けております(03-3698-6641)
 「緩やか中学受験」「都立入試」「大学受験」に精通した個別指導塾になります。


受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方はいつでもご相談ください


〒133-0065 江戸川区南篠崎町5-9-12-2F
        (篠崎街道のセブンイレブン上)

電話番号 03-3698-6641